top of page
  • 執筆者の写真three-peace

自分の命を自分で守る力

2017年9月16日


こんにちは、スタッフのミネです。 三連休の初日、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

とは言うものの、台風18号の影響で福岡は一日中雨の予報。 大きな影響や被害が出る前に早く過ぎ去ってほしいと願うばかりです・・・。


夏はイベントも多く楽しい季節ではありますが、同時に災害の多い季節でもあります。 「備えあれば憂いなし」と言い、日頃から「災害にあったときにどうするのか」を考えておくということは大切ですが、なかなか難しいのも事実です。 しかし、地震や火事など予測することが難しいものほど、事前に「どのような行動をとるべきか」を知っておくことがとても大切なのではないでしょうか。


そこで今日は、福岡市民防災センターへ出かけました。 ここは災害を模擬体験したり、防災に関する知識・技術・行動を楽しく学ぶことができる施設です。


まずは、火事の現場からの脱出体験です。鼻と口を布で抑えて、姿勢を低くして、煙を吸わないように・・・。

次に、消火器を使った消火体験。スリーピースで2チームに分かれて挑戦しました!!消火器ってなかなか重たいものですね、さらにいざ使おうとすると手順も・・・。 子どもたちも楽しみながら、消火器の使い方を学んでいました。

次に、強風と地震の体験へ。

その後、大雨による浸水で水圧のかかったドアを開ける体験をしました。 浸水を40cmに設定してチャレンジ!


「さぁドアを開けて脱出しよう!!」 おりぁー!!!子どもたち数人がかりで押しますが、ドアはびくともせず・・・


「まぁ、大人に任せなさい!!」 おりゃー!!!スタッフ2人がかりで全力で押すもびくともせず・・・(笑)


水の力ってすごいなと改めて感じました。

このように楽しみながら防災について学べる施設があるというのは有難いことだなと、改めて感じたミネでした。


スリーピースでの活動を通して、体を動かして楽しむことはもちろんですが、今日のような体験から、子どもたちに「自分の命を自分で守る力」を少しでも身に着けていってもらえたらなと思っています。


















閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page